常にアップデートを続けているネクソンの人気MMORPGテイルズウィーバー!アニメ調のキャラが魅力的なオンラインゲームです!

まずはこの人気MMORPGのOPをご覧ください!

「テイルズウィーバー」ゲーム概要

「テイルズウィーバー」は、現在韓国と日本でサービス展開している基本無料(ゲーム内アイテム課金制)のMMORPGで、日本版の配信サービス及び運営は「ネクソン」が行っています。原作は韓国の小説「Children Of The Rune」で、ここ日本でも「ルーンの子供たち」シリーズとして出版された歴史があります。

ゲームは2Dの見下ろし型画面を採用しており、親しみやすいアニメ調のキャラクターが登場する点が人気です。日本でのサービス開始からプレイを続けているファンも多く、お互いに10年以上の親交があることも珍しくはありません。

しかしながら実際にプレイを続けているユーザーからは「辛口の意見」が多く寄せられているのも事実です。では、「テイルズウィーバー」のどんなところが不評なのでしょうか。

ユーザーが不満に思う点その1 運営の管理体制

 

オンラインMMORPGで最も批判の矢面に立たされるのが「運営」の管理体制です。日本で「テイルズウィーバー」の運営を手がけている「ネクソン」に対しては、ユーザーから以下の批判が寄せられています。

・「大量のBOTが横行しているのに取り締まる気配がない。運営はゲームを監視していないのでは」
・「バグの対処に時間がかかり、ログインできなくなる問題についても補償がされなかった」
・「不正ユーザーを報告しても無視される」

自動的に味気ない動きを繰り返すBOTが横行しているのは、「ロールプレイ」を楽しむゲームとしては致命的です。過去にBOTの排除が行われたこともありましたが、最近は放置され続けており、狩場にも高レベルのBOTが出現しているようです。また、熱心なユーザーがきちんと不正行為を通報してもレスポンスがないのは頂けません。こうなると「何をしても良い」という考えを持つユーザーが増え、ますますゲーム内が荒れてきてしまいます。

大勢のユーザーが集い、楽しく遊べる空間を提供することは「運営」の義務であり、その場を乱す存在や行為については迅速かつ厳正に対処しなくてはなりません。レスポンスが遅く、対処が後手に回ってしまう運営体質を改善しない限り、ユーザーの不満は消え、レビューは荒れ続けることでしょう。

ユーザーが不満に思う点その2 バランスの悪い課金制度

序盤こそ楽しく無料で楽しめる「テイルズウィーバー」ですが、プレイヤーレベルが上がる中盤以降は課金によって装備を強化しないと辛くなる場面が多くなります。

数万円単位に登る「重度の課金」をした一部のユーザーが「一人勝ち」する状況は、プレイ時間を重ねて地道にアイテムを集め、レベルアップを積み上げてきたユーザーにとっては全く面白くないでしょう。つまり、「テイルズウィーバー」は現在「課金プレイが前提」のゲームバランスへと変化しており、「無課金で楽しめる場所は限られている」のです。

また、高額な装備品を軽く上回るスペックを持ったアイテムが「無課金で出回る」など、ゲームバランス自体の不備も指摘されており、課金制度そのものへの批判が増え続けているのが現状です。こうなってしまうと、単純に「お金を徴収したいだけのゲーム」に見られてしまうのも無理はありません。

大量の資金を投入したユーザーが一人勝ちし、中途半端にお金を注ぎ込んだユーザーが報われないゲーム、それが現在の「テイルズウィーバー」だと言えるでしょう。

「テイルズウィーバー」に未来はあるか

長寿MMORPGにありがちな構図ではありますが、度重なるアップデートによってゲームシステムが崩壊してしまった「テイルズウィーバー」は、現在「掲示板」に不適切な書き込みをするマナーの悪いユーザーで溢れかえる「荒れた」状態になっています。元々は良質なゲームバランスを持っていただけに、古参のユーザーにとっては胸が痛い状況でしょう。

実際に運営の管理面や無慈悲な課金システムに愛想が尽きて引退するユーザーも多く、良心的なプレイヤー人口は減少の一途を辿っています。今後「テイルズウィーバー」が存続していくためには、徹底した「管理体制の見直し」と「課金制度の改善」が必要でしょう。

「テイルズウィーバー」が、マナーを守って楽しく遊べるMMORPGの理想的な姿を取り戻してくれることを期待しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です